社会人海外インターンで人生逆転、あなたが挑戦すべき理由。

社会人インターンアイキャッチ 海外インターン

昨今、最寄りの書店に行くと「転職」や「副職」コーナーが人気に思えます。社会人の方は、一度や二度は今後のキャリアについて考えた経験があるのではないでしょうか?

今日は、社会人のための海外インターンについて紹介します。

 

「海外インターンシップ」っという言葉を耳にすると、学生のみ対象のプログラムと勝手にイメージしがちですが、実は社会人の方を対象にした海外インターシップは意外と沢山あります。現職にモヤモヤしている方や海外でセカンドキャリアをスタートしたい社会人にとってはぴったりな制度の海外インターン。

 

この記事では、海外インターンシップに挑戦してみたい社会人や海外での仕事や生活に興味がある方におすすめです。出発前の準備段階でかかる費用や賢い節約方法など、社会人ならではのキャリアに対する懸念点等を解説します

 

社会人こそ海外インターンに挑戦すべき!

インターン記事画像

海外インターンでより市場価値の高い人材になれる


近年、急速なグローバル化に伴い、日本企業も市場を海外へと広げ、国内でも外資系企業を中心に日本で働く外国人も増えています。そんな世の中で、今どんな人材が求められているでしょうか?

 

ズバリ、それは「グローバル人材」です。

 

他言語で様々なバックグラウンドをもつ同僚やクライアントと仕事をしたり、海外という環境で自ずと身についた主体性を好きな仕事に注力できる。
そんなあなたの海外インターンをきっかけに身につけたスキルや経験は必ず日本や世界で重宝されることになるでしょう。

 

理想の自分に向かって一歩踏み出してみませんか?

 

海外でのインターンシップ経験で視野が広がる


さらに、あなたの海外インターンの経験はキャリア面だけでなくあなたの人生を豊かにすることは間違いないです。

海外インターンシップを経験し多国籍な同僚と過ごす中で、改めて日本で過ごしていた自分を客観視したり、自分の仕事観や生き方と比較し違いに気づいたりできるでしょう。

今まで何気なく抱いていた固定概念を発見し新しい自分や理想の生き方なんてものも見つけ出すことが出来るかもしれません

そんな自分の人生を見つめ直したり、現状に対する違和感を取り払う絶好の機会になるでしょう。

社会人海外インターンのメリット/デメリットまとめ

海外インターン画像2

社会人が海外インターンをするメリット


社会人海外インターンはデメリット以上にメリットが沢山です。それでは一緒に見ていきましょう。

英語や海外ビジネススキルの習得&向上


海外インターンは海外で就労をする経験ができるので、現地の仕事をこなす上で英語やビジネススキルが必要不可欠になります。

現在、英語力に不安がある方でも海外でのインターンを全力で取り組む中で日々学び、英語力や外国人とのコミュニケーション能力が向上しあなたの強みになることでしょう。

 

身につけた語学力やスキル、海外で磨かれたあなたという個人の魅力は必ず転職活動に活きキャリアアップに繋がるでしょう

実際グローバルな人材を求めている企業は沢山あり、市場価値の高いあなたが働きたい企業とマッチできる可能性も高くなるでしょう。

 

未経験でもやりたい分野の仕事にチャレンジできる


現在の仕事や前職の業務内容とは違った、新しいことにチャレンジしたい。そんな方にも海外インターンはおすすめです。

 

これはデメリットにもなり得ますが、基本的に海外インターンは無償のものが多いです。
また、フィリピンなどの途上国では賃金が低いため企業としても人材採用のコスト・リスクが低いです。

そういった理由から未経験でも広報やwebの仕事などに携わるハードルが日本などよりも低く新しいチャンスを掴むには最適な環境です

 

日本での働き方と海外での働き方も比較でき、よりあなたに最適な労働環境を今後選ぶことができるでしょう
経験談やインターネットにある情報よりも詳しく、そして自分に適しているかよく理解できます。

 

人生・キャリアについて空白なく学びながら見つめられる 


当然、新卒から入社した時の気持ちと現在の周りの状況や想いは大きく異なると思います。
社会人の方は誰しも自分のキャリアを見つめ直す時間やモヤモヤして行き詰まる時が必ず訪れると思います。

 

そんな違和感を感じながら働き続けるのは、やはり苦痛に感じてしまうでしょう。そんな時は少し立ち止まって自分と向き合う時間が必要です

しかしこのまま日本にいたら日々の仕事や生活に追われて、その時間は確保できないし、
仕事をやめて貯金で暮らしていたとしても、半年くらい仕事してないと、キャリア的にハンデになる

 

海外インターンの場合は、その期間中に日本とは違う環境で新たな学びを得つつも、自分との対話の時間を取れます。

しかも履歴書的なデメリットもなく(海外でインターンをしていたという経緯が言えるので)、内省できます。そういった意味でも社会人にとって海外インターンは非常におすすめです。

 

海外での転職に繋がる


もちろん日本で再就職も可能ですが、現地就職も夢ではありません

これは海外インターン終了後の話にもなりますが、海外インターン後にあなたの仕事内容や成果次第ではインターン先があなたにオファーするなんて事や、そこで出会った方に新たな企業を紹介してもらえる可能性も十分ありえます。そうなれば現地就職も現実味が増してきます。

そんな第一歩が海外インターンです。

 

生活コストが下がる→準備期間によし


昨今は比較的、海外インターンの募集が多いのは東南アジアです。

やはり物価が日本とは異なり、国次第では日本より生活コストを大きく下げることができます。

「海外インターンでスキルを身につけて、〇〇をしたい。」という明確な計画やビジョンがある方にとっては、生活費を抑えながら現地で学べる海外インターンは最適な準備期間になるでしょう

 

社会人が海外インターンをするデメリット


海外インターンは前述のようにメリットも沢山ありますが、デメリットがあるのも事実です。
それでは一つずつ見ていきましょう。

インターンは無給の場合が多い


海外インターンにおいて有給でのインターンを探すのはとても難しいです。

有給となると就労ビザの取得をはじめ、受け入れ先の企業も即戦力になってくれるような人材(実務経験あり・英語スキルあり)を求めるので採用要件がとても高くなります。

 

ただ無給の場合でも寮付き、食事付きで収入はなくとも出費がほとんどない場合が多いです
さらに滞在期間によっては途中で待遇条件が変わることもあるでしょう。

しかし奨学金の返済など、収入が完全にゼロになってしまうと生計が立ちいかなくなってしまう方の場合は対策が必要になります。

 

具体的には、貯金を多めに確保してから参加するインターン中にリモートで収益を得る方法を確保しておく。などがあると思います。

クラウドワークスなど単発でライターなど未経験でもできるリモートの仕事がたくさんあるので、そういったもので収入を確保する努力も必要になります。

 

もしすでに、そのような収入源がある人にとってはダメージが少なく挑戦しやすいですね。

 

スキルアップできるような質の高い仕事を選ぶ必要がある


海外インターン先の選別で最も重視しなければならない1つは、業務内容です。
これが海外インターン生活の充実具合を大きく変えると言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、業務内容によってはスキルアップどころか誰でもできる雑務をただこなすだけの時間になってしまう場合もあります。
そうなれば、勇気を振り絞った海外挑戦ももったいないです。

 

ある意味、ワーキングホリデーと海外インターンの大きな違いと言っても良いでしょう。
多くの場合でより業務内容にこだわることができるのが海外インターンです。

ワーホリの場合はどうしても生計を成り立たせるために、仕事内容よりもまずは接客業などで生計をたてる場合が多く、英語スキル習得に重きをおいて、仕事のスキルには繋がらないことが多いです。

さらに海外インターンでの、使う英語(ビジネス英語)・任される仕事・責任感にも差があるでしょう。

 

事前にある程度の英語スキルが必要


こちらはデメリットというよりは注意点になります。
もちろん最初から流暢な英語を話せる人はいないし、日本人は良くも悪くも完璧を求めがちなので、海外インターンに直接参加するのも1つの良い選択肢です。

 

ただ、もうすでに記事内に数回「英語」というキーワードが出てきた通り、海外で外国人と意思疎通するには英語がマストになります。

さらに仕事となるとある程度、英語のレベルも高くなり求められるのは「日常会話ではなくビジネス英語に変わります

なので、英語に自信がない方やもう少し勉強したい方は海外インターン前の留学を検討されることをおすすめします。昨今、社会人に人気なフィリピン留学がおすすめです

当然、英語が少しでも話せる方が業務の質や現地人との信頼感が生まれ、より充実した海外インターン生活を歩めるでしょう。

 

社会人海外インターンの費用と節約方法

海外インターン画像4



やはり、社会人の方が海外インターンに参加される際に懸念される大きな点として、どのくらいの費用がかかるかという点が挙げられると思います。

今回は海外インターンに参加するまでに必要な費用や、賢く海外インターンの費用を節約する方法をご紹介します。

インターン前の支度費用

住居 解約?引っ越し?レンタルボックス?


海外インターン前に住居や荷物についてしっかり考慮しましょう。
長期滞在になればなるほど無駄な契約が残っていると痛い出費になります

レンタルボックスに荷物を一時的に収納したり、実家に荷物を移動させたりと、改めて住居の契約を見直してみましょう。

ちなみに土地代が高くて有名な東京にある「加瀬のレンタルボックス」さんでは、
1帖(小さめの試着室くらい)だと4,000円/月〜からのご案内も見受けられました。
2帖となると少し料金が高くなりますが、それでも約1万円〜のご案内も。
2帖スペース × 3ヶ月 = 約3万円(時期や場所によって料金変動はします)


明らかに月々の賃貸料よりも安く抑えられそうです
。しかし、倉庫の空室状況にもよるので早めの計画が大切です。

ただ、タイミングによりますがお得なキャンペーンの掲載もありました。キャンペーンを利用するとさらにお得に利用できますね。

 

携帯


インターネットが手放せなくなったこの時代に、誰しもが海外で携帯電話を使用したいと思います。しかし、海外に長期滞在される場合は日本の回線が使えなくなるので、日本の携帯会社と今まで通り契約したまま放置するのは、ただの無駄な費用になってしまいます

ここでは費用を抑える3つの方法を紹介します。


・解約(現地でSIM購入)

こちらが一番シンプルな方法だと思います。これは滞在期間が長ければ長いほどお得になる方法です。
現在、契約している日本の携帯会社と解約し、現地の携帯会社と契約して電話やネットサーフィンを利用する方法です。準備するものはお手持ちの携帯電話を「SIMフリー」にする事と現地で契約することが必須条件です。

特に東南アジアがインターン先の場合は日本の通信費とは比べ物にならないくらい格安で利用できるので、通信費用を抑える1つのポイントです。

また海外で多いのがプリペイド式なので、使いすぎて高額請求される。というリスクも少ないです。現地に行くまでにこちらはしっかり準備しましょう。

さらに、海外には日本よりwi-fiスポットが多く見受けられます。wi-fi環境では機内モードにするなど、うまく使い分けるとプリペイドで購入したデータ量を節約でき、さらに費用を抑えられます。

ただ、日本の携帯会社と解約するにはいくつか懸念点があるのも事実です。

 

  1. 今の電話番号が使えなくなる
    案外、電話番号は各アプリや連絡先と連携しているので急に無くなると、今まで通り使えなくなるというリスクもあります。(電話番号は出来るだけ残したい。という方は次に紹介するサービスを参照して下さい)
  2. 違約金がかかる
    一般的な携帯電話の契約は2年間だと思います。その期間内に解約したり他社に乗り換えるなどすると、1万円ほどの違約金が発生します。

    *しかし、昨今は「携帯料金見直し案」を耳にすることも多くになってきました。こちらは大手3大携帯会社(SoftBank、KDDI(au)、NTTドコモ)が2年縛りの違約金を1,000円にしましょう。という旨のプランです。現在、大手携帯会社を利用中の方はこのタイミングを見計らって見直してみるのもいいですね。


電話番号残したまま一時的に契約休止

こちらは短期海外インターンや短期留学に参加される方など、滞在期間が数ヶ月の方・今の電話番号をこれからも使いたい方にオススメの方法です。

簡単にいうと、「日本の携帯会社とは解約しないけど、一時的に日本の回線の使用をストップ」させます。
それにより、電話番号等の変更なく(それらを保管する)、月々の料金を数百円に抑えることができます

海外では、現地SIMカードを購入したりwi-fiを使うなどすれば今まで通り問題なく携帯電話が利用できます。

サービスの呼び名や申し込み方法は各携帯会社によって異なりますが、一度問い合わせてみましょう。現地で日本の回線が使えないのに、今まで通り携帯料金を払い続けるのはもったいないですよね。

 

・格安SIMにMNP

こちらは先程のものと似ていて、基本的には滞在期間が短期の方におすすめです。

やはり、海外に長期滞在する訳でもないし解約するほどでもないしな〜。という方は案外多くいらっしゃると思います。

そんな時はMNPというシステムを使ってみましょう。
MNPの正式名ははモバイル・ナンバー・ポータビリティと言います。ざっくり簡単にいうと、「電話番号を変更せずに機種変更できる」サービスです。

結論からいうと、格安SIMサービスに番号そのままで乗り換えるのがおすすめです

インターネットと電話が約2,000円/月くらいで使えますし、プランによっては毎月1,500円程で日本にいるときは使えます。海外にいる間の「維持費」と捉えても毎月1,500円程でしたら許容範囲でしょう

案外、LINEなどのメッセンジャーアプリは電話番号と連動しているのでなくなると不便ですよね。メールに関してはG-mailが便利です、基本的にはwi-fiがあれば使えます。

 

留学


海外インターンや現地生活をしていく上で必須スキルなのが英語です。
もちろん英語のレベル感で大きく海外インターンの充実感が変わります。

単純に現地スタッフやクライアントとの信頼度や任せてもらえる仕事が英語の出来具合で異なります。

今、英語に自信のない方やビジネス英語を学びたい方は海外インターン前に留学されるのも
1つの選択肢です

実際、社会人からも人気のフィリピン留学であれば1週間単位で留学をカスタマイズできる学校や年齢層の高い学校もあります。

学校にもよりますが、最安で1ヶ月、約10万円〜のプランも。短期集中で英語のクオリティーをあげるのにフィリピン留学は人気です

 

航空券


航空券を安くお得にゲットするにはスカイスキャナーというアプリとセール情報をうまく利用するのがオススメです。

このアプリの良い機能を2点とセールについて解説します。


・ベストタイムトウブック

最適な予約のタイミングを図を使って表示してくれる機能です。図を見てわかる通り、出発直前は高く表示され、1ヶ月ほど前が最安値で表示されています。

まだ漠然と海外インターンを計画されている方は、航空券が安い時期から逆算して計画されるとより費用を抑えられます。


・チャート

こちらも具体的な渡航日が決まってない方にオススメな機能ですが、どの曜日や日にちが安いかを一目で具体的な金額を表示してくれます。

ベストタイムトウブックよりも詳細に教えてくれるので、ざっくり◯月に旅たちたい。と考えている方は有効に使いましょう。


・セール
(スカイスキャスナーの機能ではありません。)
各航空会社のメルマガに登録しておくと、セール情報を教えてくれます。
セールはLCCに多いですが、普段とは考えられない程に格安でチケットを入手できるので今のうちからチェックしておきましょう。

メルマガだけでなく、TwitterやLINE・Facebook等のSNSでも随時情報が公開されますので、フォローをお忘れずに。

 

海外インターン中の費用

ビザ


やはり、海外インターン先の国や期間等によってビザは異なります。観光ビザで就労することはできないので注意が必要です。

しかし、無給インターンの場合は観光ビザでも可能なケースが多いです。
前述した通り国によって若干異なりますが、大まかなビザの種類をご紹介します。


・就労ビザ

そもそも就労ビザとは、観光ビザとは違いその国で働くために許可されたビザです。
なので、これがないと基本的に海外で現地就職は実現不可能です。

このビザは海外インターンに必要というよりは、海外インターン後に現地で働きたい方にマストなビザです。


・ワーキングホリデービザ

国によって期間や受け入れ人数に差はありますが、ワーキングホリデービザは現地での
「就業、就学、観光」が認められたビザです。

一生に一度しか取得できないビザになるので、他のビザと比較して検討しながら発行しなければなりません。


・学生ビザ

海外で働くことよりも、学習することがメインのビザです。
ただ、決して就労できないわけでなく、労働時間や場所は制限されるなどの条件下で海外インターンに参加することは可能です。

*申請してから許可がおりるまでの期間も国によって様々です。ビザ取得は時間に余裕を持って申請しましょう。

 

生活費等


生活費はその土地や国の物価、休日の使い方によって大きく変わるでしょう。

出発前にその国の物価等を調べて、1ヶ月辺りどのくらい費用がかかるのか、ざっくり計算しておきましょう。

また、現地に詳しい方と交友関係を築いたりTwitterやFacebookを利用して生の情報を集めるのも1つの手段です。

ちなみに東南アジアの中でも留学や海外インターンで人気のフィリピンでの生活費をざっくり計算すると、5万円/月あれば十分な生活が過ごせると思えます。

その内訳を紹介します。

  
   家賃:7,000~3万円
  光熱費:5,000~1万円
  通信費:140~2000円
   食費:5,000円~1,2万円(個人による)
ビザ延長費:約1,500円(レートに変動あり)
合計:約19,000円~55,000円


※住居/食事/ビザ代補助の場合:月1万円前後でも可能

おそらく寮費やご飯を出してくれるなど、何かしらの補助をしてくれるインターン先が多いと思いすが、少し説明するとフィリピンでは電気代のみが日本料金とさほど変わらず価格設定が高めです

しかし残りの料金に関しては物価が日本の半分くらいなので、比較的安くなっています。

となると、私生活の過ごし方が大きな鍵になるかと思います。
ローカルの交通機関を使ってみたり、自炊するなど多少工夫するだけで、費用は抑えられると思います。

費用は一人分でざっくり計算しましたが、同じインターン生と家賃をシェアしたりするのも1つの案ですね。

フィリピンの物価って実際どうなん??

海外保険


やっぱり、現地で何が起こるかが分からないのが海外生活です。旅行とは異なり、海外インターンとなると滞在期間も長くなるでしょう。

そうなると、必ず必要なのが海外保険の加入です。うっかり保険加入を忘れて現地で事故や入院となると、保険が効かないので高額請求なんて事もありえます

海外保険が付帯されているクレジットカードをいくつか紹介します。
以下の記事によくまとめてありますので、ご参照ください。

【フィリピン留学】クレカで海外保険を安く済ませよう
フィリピン留学で必要になる海外留学保険、実はクレジットカードの保険で無料でカバーできます。気になる補償内容の違いやおすすめなカードをわかりやすくまとめました。少しでも安く留学へ行きたい方は必見です。

紹介料


海外インターンの探し方として海外インターン斡旋会社に依頼する方法が主流だと思います。

某有名斡旋会社だと20万円以上学生は約10万円、紹介料として必要になります
短期インターンであろうが長期インターンであろうが基本的に料金は変わらず、高いです。

ただ、就職サポートや海外インターン仲間のコミュニティーに属せたりできるのはメリットかもしれません。

しかし、そこの紹介料を節約する方法も実は存在します。それでは見ていきましょう。

 

海外インターン費用の節約方法

紹介料を抑える

海外インターン画像5


Social留学を利用する


語学力に不安があるけど、早く海外インターンに挑戦してみたい方におすすめです

Social留学とは、語学留学と現地NPOやNGOなどの社会的企業でのインターンを組み合わせた新しい留学プログラムです。

なんと現地に詳しいプロのSocialアドバイザーがあなたにあったインターン先と語学学校紹介&カウンセリングを【無料】で行ってくれます。

現地に行ってからのサポートも手厚いので、留学と海外インターン(カウンセリング含む)を組み合わせながらも20万以上の紹介料を省けるのはかなり費用を抑えてくれます

その費用をまた新たな海外挑戦や休日のリフレッシュに割り当てるなど余裕が生まれるのは大きいですよね。

さらに留学者の語学費用の3%がインターン先を含む現地のNGOに寄付されるのも心地いいメリットですね。

学んだ英語を実践で使いながら、海外インターン経験と同時に社会貢献もできる一石三鳥なプログラムです

現在も信頼感のあるインターン先がどんどん増えているので、まずは無料相談をしてみるなど要チェックです。

 

現地での生活費を抑える


生活費といっても、食費や交通費、通信費など様々なものからなります。

やはりその土地の情報により精通している現地人や過去インターン生に聞くのが一番でしょう。

そういった意味では海外インターン前からイベントに参加してみたり、友人に尋ねてみたりとリサーチするのが良さそうです。

 

日本での固定費を抑える


長期で留学含め海外インターンに挑戦される方は自ずと海外生活が1~2年間と滞在が長くなりそうです。

その場合、日本で生活しない分いくつか払わなくても良い費用が生まれます。

その代表例が住民票です。

 

そもそも住民税とは、お住いの都道府県と市町村に対して支払うお金のことです。
住民税には大きく、個人にかかるもの・会社にかかるものの2分類されます。今回は個人にかかる住民税にフォーカスします。

なお、住民税は1月1日の時点で登録されている場合に発生します。届けを出した年の6月1日から非課税の対象になります。

ここでは海外転出届を提出し住民票をぬいた時のメリット・デメリットを解説します。

 

・メリット
1.住民税を払わなくて良い
住民税には、均等割と所得割の2つがあります。住民票を置かれている地域によって
多少は金額が異なります。
ざっくりですが、月収20万円の方が払う住民税は約11万円ほどになります。

 

2.国民健康保険の保険料を払わなくて良い
住民票を抜くと国民健康保険に加入できなくなるので、海外に長期滞在されない方にとっては若干のリスクがあります。しかしその分、費用的な面で言うと保険料は抑えられます。


・デメリット

1.国民健康保険が効かない
前述した通りですが、計画が変わったり、仕事柄日本と海外を頻繁に行き来する方にとってはハイリスクになる可能性が高いです。
万が一日本で医療費が発生しても全額負担扱いになります。


2.年金が減る

住民票を抜くと国民年金保険料を支払わなくても良いので、自動的に支払っていない分
他の収めてる方よりは受け取れる金額が減ります。

人生を変えるなら社会人海外インターン


決して海外インターンシップは学生のもだけではありません。むしろ、社会経験のある社会人の方が実になる場合が多いですし、現地の企業も求めています。

だからこそ、セカンドキャリアを踏み出したい方や今のキャリア人生をもう一度見直したい方にとっては、むしろ絶好の機会です

もちろん不安やリスクもあると思いますが、良い意味で現地で予期していなかったモノことに出会えるかもしれません。

しっかりと海外インターン挑戦前に英語力対策や無駄なコストを賢く抑え準備するだけであなたの一歩がより踏み出しやすくなると思います

そして現地で感じたことや、身につけたスキルを今後の自分の人生により活かしてゆきましょう。
この記事を通じて、あなたにとって海外インターンがそんなきっかけになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました