ボホール島でソーシャルツーリズム〜観光地に隠れる貧困地域〜

募集内容

マニラの社会的企業MAD Travelによって12月7日(土)に開催されるボホールツアー。

このツアーでは元々貧しい土地であったボホール島のコミュニティに訪れます。そこに暮らす家族との時間を堪能し、彼らのストーリーに耳を傾けてみよう。

【こんな方におすすめ】
・フィリピン文化に深く触れたい方
・冒険が好きな方自然が好きな方
・ただの観光ではなく現地の人と触れ合いたい方

ボーホル島のソーシャルツーリズム 申し込みはこちら

このソーシャルツーリズムをする意味

家を建てることで貧困解決を目指す、フィリピン最大のNGOであるGawad Kalingaによって作られたボホール島内のコミュニティに訪れます。コミュニティは安定した収入が得られない環境であることや設備が整っていない状況です。

そんなコミュニティにツアーとして訪れ、そのツアー代金の一部を還元します。

このソーシャルツーリズムの内容

ボホール島はフィリピンの中でも観光スポット満載な目的地の1つです。 セブ島からのフェリーで港に着いたら専用車がお出迎えし、島巡りに出発します。

世界で最も小さな霊長類であるターシャに挨拶したら、絶景で有名なチョコレートヒルズに向かいます。 ボホール島のみどころフルコースを堪能した後はまだ見たことのないボホール島の新たな一面を発見できます。

元々はスラムだった土地に、フィリピン国内3,500以上のカラフルなコミュニティを作ってきたフィリピン最大の貧困削減NGOであるGawad Kalinga(GK)。そんなGKコミュニティの1つを訪れます。

コミュニティの人たちと出会い、ピーナッツバターづくりや子どもたちとの交流を通してフィリピンのリアルな生活を探求してみましょう。きっとフィリピンの人々から最高級のおもてなしが待っています!

主なツアー内容は下記になります。
・ターシャ見学
・チョコレートヒルズ見学
・フィリピン現地NGOコミュニティ訪問

ツアースケジュール

10:00 am ボホール島タグビララン港に集合
MAD Travelのガイドがお出迎え

10:30 am ターシャ見学

11:30 am チョコレートヒルズ見学

1:30 pm フィリピン現地NGOのコミュニティに到着、少し遅めのランチ

2:30 pm ピーナッツバター作り体験
      コミュニティの子供たちと交流

4:30 pm コミュニティ出発

5:30 pm タグビララン港到着、セブ港へ出発(高速艇)

7:40 pm セブ港到着

このソーシャルツーリズムのメリット

ボホール島の有名なみどころを巡るだけでなく、他のツアーにはない貧困解決を目的とする現地NGOの活動地を訪れて文化を知ることで、よりリアルなボホール島を満喫できます。

MAD Travelのツアー内でコミュニティを訪れ、食事をすることで食事代を訪問先のコミュニティに還元したり、ツアーガイドとしての収入をコミュニティの人々に還元することができます。

その他

・スケジュール上にある全てのアクティビティ費用が参加費に含まれます。(フェリーは希望により)
・MAD Travelによるフェリー手配の場合、12月7日8:00セブ発・17:40ボホール発になります。その他の時刻や日程をご希望の場合は申し込みフォームにてお知らせください。
・追加料金500PHPでボホールココファームのドミトリーでのご宿泊が可能です。
・ツアーはすべて英語ガイドによりおこなわれます。

締め切り間近です!

申し込みはこちらから

基本情報

形態 ソーシャルツーリズム
活動テーマ 貧困 教育 成長・雇用 イノベーション 不平等
実施日程 12月7日
活動場所 ボホール島
募集対象 なし(語学学校生歓迎)
募集人数 20人
費用 フェリーチケット付きPHP 4,500/フェリーチケットなしPHP3,500

この募集と組み合わせて留学できる学校

団体情報

団体名 MAD Travel [ 団体詳細をみる ]
組織形態 社会的企業
代表者 Rafael Dionisio

団体の他の募集

タイトルとURLをコピーしました