NPO法人Home for Hope

Home for Hopeアイキャッチ

活動理念

「貧困をバックグラウンドに持つ子どもとわかものの自立を支援する」

フィリピンの子どもたちがどんなときも希望を持ち進んでいられるよう、心の中に支えとしてあり続ける “心のホーム” でありたい。

活動背景

大学卒業してから約10年間、フィリピンの児童養護施設の支援に携わり、子どもたちが施設で元気に育っていく姿を見てきました。

けれど施設を退所した後に、ひとりで自立して生きていくことの難しさにぶつかる子どもたちの姿も同時に見てきました。再び貧困へと戻っていってしまう子どもたちもいました。

あるとき施設退所が近づいて来たひとりの子どもが私に聞きました。
「私はこの施設を出たらどうしたら良いの?」
その子が将来に漠然とした不安を抱えていることを知りました。

また支援は幼い子どもだけにではなく、自信を持って社会の中で生きていくための支援が必要だということに気づきました。

これが団体を立ち上げることになったきっかけです。

活動内容

フィリピン・パンガシナン州で貧困をバックグランドに持つ子どもと若者の自立支援事業を行っています。

フィリピンでは現在、行政やNGOが貧困状態にある子どもたちのため様々な活動を行っています。

しかし、ある程度の年齢(15歳頃)になると支援が減っていき、そこから先は自己責任で生きていくことが求められます。
人口の40%が貧困状態という社会の中で家族からの経済的サポートは期待できず、自らの力で生きていかなければいけないのです。

幼い頃は支援を受けて育つことができても、その先で社会になじめなず、うまく仕事に就けず、貧困状態からは抜け出せないという現状があります。

そうした状況を踏まえて貧困をバックグランドに持つ子たちが、貧困から抜け出せすために自立支援事業を行っています。

具体的な活動内容は以下になります。

・自立支援トレーニング(3ヶ月間)
自身の将来について考えたり、ロールモデルの話を聞くセミナー、屋台経営などを通したスモールビジネスの実践トレーニングの実施をしています。

・大学奨学金支援事業
金銭的問題によって大学に行けない子ども達に、大学で勉強するための費用を支援しています。

メンバー

募集中のプログラム

注目のコラム・体験談

団体情報

団体名 NPO法人Home for Hope
組織形態 NGO
代表者 石井丈士
設立年 2018年12月
組織規模 3名
住所 フィリピン・パンガシナン州
電話番号
HP https://home-for-hope.localinfo.jp/
SNS
タイトルとURLをコピーしました